檜の木風呂 檜浴槽・浴室総合プランナー 檜 創建 株式会社

東京都品川区個人邸 ― ひのきシステムバス1032

木曽檜のkakuを用いたシステムバス。
お施主様のこだわりにより1032という奥行きのある特殊なサイズ・形状です。

どんなご要望にも確実にお応えする檜創建の技術と提案力が発揮された
浴室になりました。

form_button_06


美術館を思わせるようなエントランス。
奥に鎮座するのは木曽檜のkaku。 シンプルなデザインながら製造には
高い技術が必要です。

東京タワーで開催された「天空の湯会」にも、隈研吾氏のデザイン
にて供されました。

・東京タワー「天空の湯会」
http://www.hinokisoken.jp/news/tenku_yukai.html

shinagawa (10a)


簡潔かつシャープなラインが特徴のkaku。

shinagawa (12)

shinagawa (13)


奥妻手の框(かまち)は、腰掛けにも使えるように敢えて太く。
ご要望に応じて一品ずつ、あつらえられるのも木製ならでは。

shinagawa (11a)


羽目板は、浴槽と同じく木曽檜の柾目を贅沢に使用。
こちらは耐水性に優れたポリウレタン塗装のΣ(シグマ)仕上げです。

腰壁と床はMaristoのタイルで明るい色調に。

shinagawa (14)


浴室の風景に溶け込むように、小物置き台も木曽檜。

shinagawa (17)


幾何学的な模様の格子戸は、今回お施主様側にて設置いただきました。
木製の窓枠とのコントラストが鮮やか。

shinagawa (15)

shinagawa (15a)


視界を遮らないテンパードアにより、サイズ以上の広さを感じられます。

shinagawa (16)


ステンレス排水栓の専用フックもインテリア風に収納。

shinagawa (18)


木とタイルと金属という異質の素材でありながら、絶妙なバランスで、
温もりとデザイン性を両立させた浴室の誕生です。

shinagawa (19)


その他、個人邸の施工例もご覧ください。

・個人邸施工ブログ
http://www.hinokisoken.jp/blog/car_window/kojinrei.html

・檜創建 ひのきシステムバス
http://www.hinokisoken.jp/news/hinokisoken_system_bath.html

FIN