檜の木風呂 檜浴槽・浴室総合プランナー 檜 創建 株式会社

KIYOME MO/NU/MENT レセプション (報告)

■ 会期: 2017年6月29日 (終了)
■ 会場: スパイラルガーデン (スパイラル1F) / 東京都港区南青山

清め=KIYOMEをテーマに2014年から檜創建が主催するKIYOME PROJECT。
プロジェクト内のコンペにより選ばれた彫刻家 木戸龍介氏とのコラボによる
KIYOME BATHが遂に完成。

KIYOME MO/NU/MENTと銘打ち、その完成発表会と展示会が行われました。
そのレセプションの様子です。

・KIYOME MO/NU/MENT レセプション (YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=OOjQ4o0Qa7M

form_button_06


様々な展示会で片鱗を見せてきた、その全貌が遂に明らかに。

kiyome reception (10)


「浸食」が施された檜の柱と、浴槽O-Bathの回廊を抜けると…、

IMG_3466


4年にわたる構想と制作期間を経たKIYOME BATHの佇む空間。
開場までの間、静寂の中時が刻まれます。

kiyome reception (12)


笛奏者、雲龍氏の「音壽(おとほぎ)」の音で、幕開け。

_DGC0044


続いて行われた除幕式。80名を超えるご招待客様に列席いただき、
大きな歓声に包まれました。

kiyome reception (12a)

kiyome reception (13)


檜創建社長 小栗(左)と彫刻家 木戸氏(右)による挨拶。

kiyome reception (15)kiyome reception (14)

・Ryusuke Kido (公式)
http://www.ryusukekido.com/


プロジェクト当初からの審査員、各氏からもお言葉をいただきました。

右から、
・鎌田 東二氏 ( 上智大学グリーフケア研究所特任教授・京都大学名誉教授)
・川北  英氏 (京都美術工芸大学教授・京都建築大学校教授)
・三宅 一樹氏 (彫刻家)
・村田  真氏 (BANK ARTスクール校長)

kiyome reception (16)


加えて、KIYOME BATHの完成を祝う音楽イベントも開催。
この日のためだけに作られた「静寂を繋ぐ、聖の森」が、一夜限りの
ユニットで演奏されました。

kiyome reception (17)

右から、笛奏者 雲龍氏、パーカッショニスト 浜口 茂外也氏、
民謡歌手 木津かおり氏、そしてガムラン奏者 鳥居 誠氏。

kiyome reception (17b)

・雲龍氏 (公式)
http://www.shana-records.com/top.html

・浜口茂外也氏 (公式)
http://motoyahama.web.fc2.com/

・木津かおり氏 (公式)
http://www.kitsu-kaori.com/


木戸氏(会場構成)展示コンセプトは、
「浸食され朽ちてもなお 光や希望を内包する空間で自らと対峙し再生する」。
皆様の心にどう届いたのでしょうか。

kiyome reception (18a)

kiyome reception (19)


レセプションに参加した檜創建スタッフ。
長年職人として活躍し、2017年春に勇退した足立(中央)の最後の仕事となったKIYOME BATH。
檜創建の一つの到達点として語り継ぐにふさわしい作品の誕生です。

kiyome reception (21)


その後、三日間にわたって行われた展示会の様子もご覧ください。

・KIYOME MO/NU/MENT 展示会 (檜創建)
http://www.hinokisoken.jp/news/kiyome-ex.html

FIN