檜の木風呂 檜浴槽・浴室総合プランナー 檜 創建 株式会社

IFFT / interiorlifestyle living 2018 (報告)

- 会 場:東京ビッグサイト
– 会 期:2018年11月14-16日 (終了)

今回のIFFTでは、大阪のLIVING & DESIGN展でも発表した新作の
システムバスを展示。 天然素材を中心に使用しながら和に根差した
ラグジュアリーな感覚と数寄(suki)という風雅を解する方の心を
満たす趣きを備えています。

form_button_06


白玉石と瓦や駒寄せを使い、清楚な和風モダンに仕上げた今回のブース。
外からは見えないシステムバスが、興をそそる仕掛けに。

IFFT2018 (2b)

IFFT2018 (1b)


HINOKI SUITEシリーズに新しく加わったシステムバスsuki-ya。
浴室から洗面まで一間続きとなり、和のたたずまいをゆったり独り占めする空間に。

IFFT2018 (3a1)


浴槽はThe-HINOKIのHCD-1400。特殊積層構造により、浴槽材として
利用が難しかった東濃桧(とうのうひのき)を活用しています。

・The-HINOKI ― 東濃桧・特殊積層構造浴槽 (檜創建)
http://www.hinokisoken.jp/news/thehinoki_new.html

IFFT2018 (3b)


坪庭に置かれたのは、青森ひばのO-Bath ne-yoku。
オランダ、オーストラリア、香港の個人邸にも納入実績のある浴槽です。

・オランダ・アムステルダムのO-Bath ne-yoku
http://www.hinokisoken.jp/news/ams.html

IFFT2018 (4)


suki-yaの入口には、今回のブース用にあつらえた杉の舞良戸。
赤みがかった色合いと独特の木目が、 数寄屋の雰囲気をいや増します。

IFFT2018 (6)


和の雰囲気を保ちつつ、インバウンドの外国人旅行客へのアピール
も兼ね備えたsuki-ya。ブース内に広がる異空間に、皆さまの驚きと
ご感心を大いに得ることができました。

IFFT2018 (7)


毎年趣向を凝らす檜創建のIFFTブース。過去の様子もご覧ください。

・IFFT 2017 (檜創建) ⇒ http://www.hinokisoken.jp/news/ifft-2017_report.html

・IFFT 2016 (檜創建) ⇒ http://www.hinokisoken.jp/news/ifft_2016_report.html

・IFFT 2015 (檜創建) ⇒ http://www.hinokisoken.jp/news/ifft_2015_report.html

・IFFT 2014 (檜創建) ⇒ http://www.hinokisoken.jp/blog/ifft2014-report.html

FIN