檜の木風呂 檜浴槽・浴室総合プランナー 檜 創建 株式会社

BS朝日「GRAND ATLAS」上質の地図 ― 天空の湯会

※本ブログのキャプチャ画像および文章は、映像制作会社様の許可を得て掲載しております。

– 日時:2016年3月4日 (終了)
– 放送:2016年3月24日、31日放送 (終了)
– 会場:東京タワー大展望台 (1階)

放送作家 小山薫堂氏プロデュース、隈研吾氏デザインのお風呂にて開催された「天空の湯会」。
小山氏が、日本が世界に誇ることのできる可能性を秘めた文化として提唱する「湯道(ゆどう)」。

「湯道温心」の言葉のもと、東京タワーに風呂を設置した究極のホスピタリティ。
今回、檜創建はその浴槽の製造に加わらせていただきました。

form_button_06


東京タワーで催される一夜限りの「天空の湯会」。
前代未聞のプロジェクトを遂行するため匠の技が結集。

yukai_tv (1)
※画像は全て「天空の湯会」放送分より


隈研吾氏×小山薫堂氏のコラボが生み出す、摩天楼の夜景を楽しむ、
前代未聞の湯殿が生まれます。

yukai_tv (2)


浴槽製造の大任をいただき喜びに沸く反面、大きな責任を感じる檜創建。

yukai_tv (3)


そんな大舞台に登場するのは、もちろん檜風呂の化身 喜和田。
数々の賞を受けたデザイン浴槽を手掛けた手腕。全身全霊で製作にあたります。

yukai_tv (4)


檜創建のオリジナル モダン浴槽 kaku がベース。
今回の新デザインでは 框(かまち)に急角度をつけ、
満水時に極力浴槽の縁が見えなくなる洒落た演出。

・ウッドデザイン賞2015受賞 (檜創建サイト)
http://www.hinokisoken.jp/news/wood_design_mw-kaku.html

yukai_tv (5)


框(かまち)部分。定番の kaku に比べてかなりの急角度。
浴槽の小口(こぐち=切断面)を隠すため、今回は「留め」を採用。高度な加工技術を要します。

以前スイスに出荷した kaku とは別形状の浴槽も、現地の職人さんに褒められました。
最高級の材料と職人の誇りが詰まった浴槽です。

・高野槙浴槽、スイス・アルプスの山小屋へ (檜創建サイト)
http://www.hinokisoken.jp/blog/haratori.html

yukai_tv (7)

yukai_tv (8)


近年さまざまなテレビ番組に登場し、取材にも慣れてきた貫録の喜和田。
立て板に水のごとく滔々と雄弁に語ります。

yukai_tv (9)


完成した浴槽と、伊勢神宮の参道の木立を模したカーボンファイバーの撚糸による舞台。
入浴を楽しんだのは、東京大学教授ロバート・キャンベル氏。
宝石のように輝く夜景を眼下に、至福の時がゆっくりと流れていきます。

・つぶて文字 ― ロバート・キャンベル (公式ブログ)
http://robertcampbell.jp/blog/2016/03/grand-atlas.html

会場写真は、こちらからご覧ください。

・東京タワー「天空の湯会」(檜創建サイト)
http://www.hinokisoken.jp/news/tenku_yukai.html

yukai_tv (10)

FIN