檜の木風呂 檜浴槽・浴室総合プランナー 檜 創建 株式会社

浴室備品・小物

吐水口

ここからはじまる温泉浴。
浴室空間の演出・ひとつの見せ場に。
厳選された信頼のある材料が揃いました。
サイズ・形状にに合わせて製作可能です。
標準:木肌一番仕上
万葉檜

桶・いす・すのこ・ふた

木風呂をより満喫していただくための演出アイテムです。
風呂椅子 特大(木曽檜・椹)/手付石けん箱(桧)/湯桶(木曽檜・椹)/手付桶(木曽檜・椹)/風呂すのこ目隙(桧)※特注サイズ可/風呂蓋 並蓋・桟蓋(各材種)※特注サイズ可

木曽五木(きそごぼく)

檜(ひのき)、椹(さわら)、槙(まき、こうやまき)、翌檜(ひば、あすなろ)、杜松(ねずこ)をいいます。 いずれも常緑針葉樹であり、かつ江戸時代には伐採が制限されたためこれらの木が残ったのです。 いずれも水湿に耐えるのが特徴のひとつですが、槙は五木中最高とされています。 浴槽としては木曽檜、椹、槙が一般的に使用されています。 「檜創建」では厳選された木曽檜、椹、槙を浴槽や桶、その他の用品の素材として活用しています。

木曽檜

樹齢300年以上の檜を木曽檜と言います。 木曽檜には精油分が多く含まれ、優れた殺菌作用を持ち、木曽檜の芳香の源となります。 芳醇な肌合ともあいまって、檜創建の製品の代表的な木風呂です。

高野槙

天然分布、中部以南で紀州地方などの高野山付近に多い事から「高野槙」と呼ばれています。材色は黄白色で檜以上の光沢があるとも言われ、耐水湿性も木曽五木の中でも最長です。黒ずみにくい特徴があり、木風呂や船舶材、浴室建材などにもよく使われる材料を使用しています。

木曽椹

スギに類しており、建築・建具材などに多く用いられ桶材としては、世界中の木の中では最高級材料として使用されています。木曽檜に比べると、多少黄褐色で木理通直、肌目は緻密で優美な色合いです。とくに酸に強く、優れた耐湿性、桐に次いで軽く加工しやすい材料を使用しています。

青森ひば

日本三大美林のひとつで古くから重要建築物に使用され、平泉中尊寺など現在もその威容を誇っています。ヒノキチオールによる優れた防腐、防虫作用はもとより、300年の風雪に耐えた成木は美しい木目と芳香性で別名「ゴールデンウッド」と称される木風呂です。

カナダ檜

アテが少なく、水に強い青森ひばに近い芳香性をもつ米ひば材を使用。樹高は30m、直径は1mくらいになる。用途としては建築材、内装材、造作材、建具材、土台角外部材料等にも使用されます。(当社では「米ひば」をカナダ桧という商品名で取り扱っています。)