檜の木風呂 檜浴槽・浴室総合プランナー 檜 創建 株式会社

木曽檜のふるさと ― 赤沢自然休養林

青森ひばと秋田杉と共に、日本三大美林のひとつに数えられる木曽檜の森。
檜創建から車で1時間半ほどのところにある赤沢自然休養林はその中心です。
江戸時代から厳重な保護と管理により守られ、今なお巨木が数多く残ります。

御神木を供する(伊勢)神宮備林を経て、今では散策コースの整備された公園となっています。
森林浴発祥の地として、近年注目の高まるフィトンチッドを体全体に浴び、自然の恵みを
全身で感じてみませんか。

・フィトンチッドをご存知ですか?(檜創建)
http://www.hinokisoken.jp/blog/hs_present/phytoncide.html

・赤沢自然休養林 (公式)
http://www.avis.ne.jp/~hinoki/01akasawa.html

form_button_06


駐車場からの入口にある看板の横には、「森林浴発祥の地」の石碑。
ヒノキ材木遺伝資源保存林およびヒノキ植物群落保護林に指定され、森林セラピー基地の
認定も受けている癒しの地です。

akazawa (1)


涼風が吹き抜ける沢沿いのウォーキングコース。新緑から紅葉まで、
針葉樹と広葉樹が織りなす豊かな四季の移ろいを楽しめます。

akazawa (2)


かつて材木を川で流していた頃の名残りの床堰(とこぜき)。
深い森が清浄な空気と水の源であることがよく分かります。

akazawa (3)


森林内のコースには檜のチップが敷かれ、足元はふかふか。

akazawa (4a)


樹齢300年以上、樹高30mを超える木曽檜の巨木が視界を埋め尽くす。
いかに素晴らしい材料で浴槽を作らさせていただいているか、
心の底からの畏敬と感動を覚えずにはいられません。

akazawa (6)


多くの種類の苔も繁茂しています。
それ自体が森のような景色を作り、一日中見ていられます。

akazawa (7)

akazawa (15)


かつて材木を運んでいた森林鉄道の軌道を利用した観光列車。
先人の労に思いを馳せ、車窓からの眺めを楽しむのもまた一興。

akazawa (9)


紅葉の時期には、その自然の筆舌に尽くしがたい美しさに、ただただ圧倒さます。

akazawa (14)


赤沢のある上松から南木曽に点在する中部森林管理局の貯木場。
何百年にわたり大切に管理され、切り出されてきました。
木曽檜は、人の命よりも大切に扱われた時代もあったのです。

・檜一本、首一つ (檜創建)
http://www.hinokisoken.jp/news/hokketou.html

・中部森林管理局 ― 木曽檜について (公式)
http://www.rinya.maff.go.jp/chubu/policy/business/sigoto/kiso-hinoki/hinoki01_01.html

akazawa (11)


中津川から長野にかけ木曽川沿いに広がる深い緑をたたえた木曽谷。
中山道沿いに広がる宿場町も大きな魅力ですので、この夏ぜひお出かけ下さいませ。
(写真は「寝覚めの床」)

・寝覚めの床 (写真) (公式)
http://www.avis.ne.jp/~hinoki/02nezame.html

・中山道を歩いてみませんか (檜創建)
http://www.hinokisoken.jp/blog/nakasendo.html

akazawa (13)

FIN