檜の木風呂 檜浴槽・浴室総合プランナー 檜 創建 株式会社

ホテレス2013 ― 木製浴槽と竹の華麗な共演 (報告)

日本では、自然は生命を育む恩恵をもらたす一方、時として荒々しく牙をむく
こともある という常に二つの顔を併せ持ちます。
そんな自然の真の姿を伝えられるのは、私達、檜創建でありたいという気概の元、
来場いただいた方の「五感」に訴えかけれるようなブース創作を目指しました。

その様子は展示会ブース専門誌「「Exhibition Design」にも掲載されました。

form_button_06


 

えっ?と立ち止まる人。 竹屋さんですか?と尋ねる人。 反応は様々。

「一度入ったら、出られなくなる」異世界ような竹垣の演出。
竹は成長が早いため、企業の成長の願いも込められています。

hoteres2013 (2)


奥に鎮座する浴槽「masu」

モニュメントではなく、本当に入れる立派な檜風呂です。

hoteres_03


ブースイメージのきっかけは、2013年が式年遷宮の年になるから。
「伊勢」と「出雲」のメモリアルイヤーとして立案しました。

階段は、平安時代の出雲大社本殿をイメージ。
実際、ブースの階段を上る時に数人のお客様が一礼されてました。

hoteres_04


下から支える材木が湧き上がる自然の力を表現。

hoteres_05


近づくとさらに圧巻。大自然に下から支えられているイメージ。

外側から浴槽内に、注がれるように配置された吐水オブジェ「木のにほい」は、
溢れ出る木のエネルギーを表現。

hoteres_06

hoteres_07


横置きにした浴槽O-Bath Dは、非日常空間を表します。
敢えて言えば、ダリの絵画のように時空を超えるイメージです。

hoteres_08


どうですか?
だんだんそんな風に見てきませんか?

hoteres_10

※記憶の固執 (柔らかい時計) / サルバドール・ダリ 1931年


こちらは2012年の檜創建のホテレスブース。

年々変化し続ける檜創建の展示ブースに今後も乞うご期待!

hoteres_09