檜の木風呂 檜浴槽・浴室総合プランナー 檜 創建 株式会社

スイス・マットン山小屋の高野槙浴槽

海外への販促にも力を入れている檜創建ですが、
最近は売り上げも徐々に増えており、大変ありがたいことです。

2015年には、シンガポール、フランス、オーストラリア、香港、タイへ と出荷。
そんな中、2014年にスイス・アルプスの山小屋向けに出荷した浴槽のお写真を
お送りいただきました。

form_button_06


雪をいただくアルプスの山々。まるでハイジの世界。

haratori (1)


設置されたのは、こちらの優雅に改築された山小屋。
チューリッヒから2時間半のアルプスの山村、マットン(標高1,500m)です。

・ マットン (公式サイト/ドイツ語)
www.mathon.ch

州が文化保護の意味で保存を決めたとのこと。

haratori (2)


高野槙の浴槽。
日本人建築家の原様も参加する設計事務所 office haratori 様からのご注文です。

・office haratori
www.haratori.ch

山小屋の雰囲気に合わせて、節(ふし)付きに。 風呂蓋ももちろん高野槙。

こちらを訪れた原様のご友人様のブログ(株式会社カグヤ)でも、ご紹介いただきました。
http://www.caguya.co.jp/farmblog/other/p4892/

haratori (3)


原様からは「浴槽の使い勝手ですが、最高です。
何よりもお風呂の水がとてもまろやかになっている気がします。
原始的な箱のようなお風呂ですが、このシンプルなのが、とても気にいっています」
と、お褒めいただきました。

haratori (4)


入浴中なのは、原様と一緒に檜創建にご来社いただいたスイス人ミュージシャンのJJ様。
来日以降、日本のお風呂が大のお気に入りに。

haratori (5)


日本風に体を洗ってから入浴していただくため、
一緒にお買い上げいただいた風呂椅子と湯桶も大活躍。
ともに椹(さわら)製。

haratori (6)


浴槽は檜創建の大ベテラン、足立常務の手になるもの。
原始的な箱型とは言いつつも、実は隠れた技が詰まっています。
原様からは「こちら(スイス)の大工さんも角の納まりの美しさに驚いていました」
と、嬉しいお言葉も。

haratori (7)


今日もそうした高度な製造技術は、常務から若い職人に連綿と受け継がれいくのです。

haratori (8)


その後行われた州の建築家の見学会でも、高野槙の浴槽は大変驚かれた
そうです。

そして、今日もスイスの山小屋でひっそりと誰かを温めています。

haratori (10)

FIN